クリエイターのための著作権 法律相談(弁護士前原一輝)
著作権問題に注力する弁護士です。

ABOUT 著作権問題に注力する弁護士です。

このホームページは、私、弁護士前原一輝が、著作権関連の法律相談をお引き受けするために開設いたしました。私の提供するサービス内容や料金についてご案内いたします。その他、クリエイターの皆様に向けた著作権関連の情報発信や書式の提供、私が個人的に関心のある著作権法関連のコラムなどを掲載していきたいと思います。また、YouTubeチャンネルでは、動画にて著作権に関する発信をしておりますので、そちらもご覧いただけますと大変ありがたいです。

弁護士紹介

SERVICE 著作権にかかわる様々な法的問題を解決します。 以下、具体例をお示しいたしますが、それ以外の対応も可能です。

法律相談

法律相談

弁護士が相談者からお話を聞き取ったり、資料を見ながら、法的見解をお伝えするものです。面談だけではなく、オンライン(Zoomなど)や電話でのご相談も承っております。

法律調査・意見書作成

法律調査・意見書作成

制作物やサービスが著作権侵害に該当するか否かについて意見を申し上げます。また、意見書という形で書面を提供することもいたします。事案が込み入っていたり、資料が多いなど、法律相談には収まらない場合、こちらのサービスをご案内いたします。

契約書作成及びレビュー

契約書作成及びレビュー

著作権の譲渡、利用許諾などをする場合、何らかの著作物の制作を委託された場合の契約書を作成いたします。相手方から提示された契約書のチェックや修正も行っています。 ひな形では対応しきれない細かいところまでオーダーメイドで対応いたします。契約書のレビュー(契約書チェック)も行っています。

顧問契約

顧問契約

著作権やその他法律問題が多く発生する可能性がある場合、顧問契約を締結していただければ、定額で迅速に法律調査や回答を行います。

著作権が侵害された場合の対応(請求者側)

著作権が侵害された場合の対応(請求者側)

自分の著作権が侵害されている場合に、相手方に対して、差し止めや損害賠償請求を行います。相手方が特定できない場合には、発信者情報開示請求を行うこともございます。また、YouTubeに対する著作権侵害の申し立てや削除代行も行っております。

著作権者から請求を受けた場合の対応(被請求者側)

著作権者から請求を受けた場合の対応(被請求者側)

制作したものが他者の著作権を侵害しているとして、差し止めや損害賠償請求を受けた場合にも対応しています。著作権侵害の判断は簡単ではない場合も多いので、専門家に意見を聞くことをお勧めいたします。

PRICE お悩みや問題解決に、私が力になります。

右の表は一つの例です。弁護士費用は、弁護士の行った業務によって依頼者が得た利益(経済的利益)によって金額が変わることが多いので、お問い合わせください(お見積りは無料で行います。)。

料金一覧はこちら
法律相談30分ごとに5500円
法律調査・意見書作成5万5000円
契約書作成11万円~
契約書レビュー2万2000円~
差し止め・損害賠償請求(請求者側) 任意請求:着手金・報酬金併せて33万円~、
訴訟:着手金・報酬金併せて44万円~
差し止め・損害賠償請求(被請求者側) 任意請求:着手金・報酬金併せて33万円~、
訴訟:着手金・報酬金併せて44万円~
顧問契約3万3000円~

Q&A

ご依頼について

問い合わせはどのようにしたらいいですか。
問い合わせの際はどのようなことをお話したらいいですか。
休日・深夜でも対応してもらえますか。
遠方でも対応可能ですか。

サービス内容について

法律相談はどのように申し込めばよいですか。
法律相談は何分くらいかかりますか。
法律相談には何をもっていけばよいですか。
事前に質問書や資料を送ってもいいですか。
相談料の支払い方法を教えてください。
 
 

BLOG

2022年8月2日

ホームページをリニューアルしました

2022年7月24日

YouTube動画を制作する際に注意するべき著作権~音楽・写り込みについて~

2022年7月24日

約款の著作物性について

2022年7月24日

海外で著作権侵害が発生したときの法律関係について(1)

Copyright © 2022 前原一輝のホームページ All Rights Reserved.

電話問い合わせ

メール問い合わせ